小さなあたまで大さわぎ

不安障害(不安神経症)パニック障害とうつの記録。

神経症にうつが加わる、その相互作用による葛藤と気づき(自己流認知行動療法)。

f:id:shimahikari:20170729131844j:plain

こんにちは、ひかりです。

 

不安神経症での闘病生活がだんだんとそれなりに規則正しくなっていって、慣れてきたとして、じゃあ、心はしっかりと休めたでしょうし、そろそろなにか復活のきざしが見えてきました。

というようなことはまったくなく、スムーズに上向いてはくれませんでした。

ここでは、神経症になってさらにうつを発症した状態のことを書きます。単品というかうつだけの状態とはたぶん違うと思います。ご了承ください。

 

神経症とペアのうつがやっかいな理由

 

自分でもまさか「うつ」になるとは思っていなかったので、先生に

「うつがありますね」

と言われたときには、言われたということがショックで、うつの状態を心配するのを忘れたほど。ショック状態。さらっとこちらにも書きました。

hikary.hatenablog.com

元々、明るい活発な性格(の部分もあったにせよ、大人になるにつれて影を潜め)というよりは、考え込みがちでおとなしいタイプだったので、「うつ」なんてことが仮にあったとしても、周りはだれも気づかない。

 同居している家族にさえも、不安神経症などを持っている状態だと「うつ」が発症していることは非常にわかりにくかったと思います。

家族としては、おまえはいま具合が悪くて休んでいる(ペースを落として生活している)のだから、おとなしくなってるのも当たり前。ゆっくりと休んでください。

もしくは自分に対してこういった感じのことを思う「いま具合が悪いのだから、元気がなくて当たり前、ゆっくり休もう」。

自分でも発見しにくい。

ところが、自覚もなくて、家族にもわからなければ、どうなるかというと、ただひたすら落ち込んでいって憂鬱になっていくことになります。

落ち込みやいわゆる抑うつ状態にまでなっていくと、もうやる気が失せて、だらしなく、限りなくだらだらとするようになり、心がどよんとしてどうでもよくなるのがわたしの状況でした。

だいたいそれでなくても不安神経症で、低めの精神状態で、不安なのが基本にありますから、もうこれ以上どうやったら落ち込めるのだろうと思いきや、まだまだ穴には奥がありました。

なにかができなくて苦しいのではない

「なにもしないでただひたすら休む」ことができず、かといって、なにもやる気にはならず。

そう、うつの状態は、その状態そのものがものすごく苦しいのです。これは、なにかができなくてだから苦しい、とか、なにかしようと思わなくなってしまってつらい、とかそういう具体的なことよりも、そのどっちを考えても苦しい、どっちみち苦しい、どうしようもこうしようも、なにをしようともしなくとも苦しい状態なのです。この苦しいのが苦しい。

だからいわば底なしの苦しさですが、見た目にはゆううつな感じとしか映りません。

本人はものすごくもだえ苦しんでいる。ただの、気持ちが落ち込んでいるというのとは違う、非常にやっかいな葛藤がありました。

これは、もしかしたらですが、神経症にうつが加わったときに強くなりやすい葛藤かなとも思います。純うつ(勝手に作った言葉。純粋なうつ)のようなときにはどうなのかがわからないのですが。

うつだと知って

 

先生から、うつもあると言われて、一週間くらい経ったとき、突然、

「あ〜わたしはうつもあったんだ」

と納得できました。もうなにか防御するようなものもなにもないような元気ない状態でした。

なにかが腹にストンと落っこちた感じでした。腑に落ちたっていうのがピッタリです。

そうすると、いろいろなことにつじつまが合ってきました。

あ〜だから、やる気がなかったのね、言われることがいちいち気になったり、悪い方に取る感じだったのねと思えました。

ホッとしたのでした。悪いことをしたのが見つかって、白状したときのような(わからないけど)さっぱりした気分。

その後、何年も神経症とうつは共存していくのですが、それでもひどい葛藤からはじょじょに抜けることができるようになっていきました。

いわばじたばたしても(この件に関しては。他のことに関しては相変わらずじたばたしていた)しょうがない、うつはうつ、神経症は神経症、このまま抱えていくしかない。

どうにでもしてちょ

これは、うつの状態を少し客観的に見ることができたのかもしれなくて(今で言う認知のような感じ)、その後、落ち込み速度が止まり、ふたたび低めですが、安定した日々になっていきました。

そのあと、その状態キープがうまくいくと、さらにすこし客観的に自分を観察しているのに気づき、外側へ心がシフトしていって、「うつ」から少しグラデーションの薄い部分へ移っていったような気がします。

 

が、これは、非常に繊細でかすかな心の動きの変化なのと、ものすごく少しずつなので、もちろんスムーズではないし、安らかでもありませんでした。

でも(二重に否定してしまいますが)、それでも少しずつ良くなっていってるじゃないかと何年もかけて、じわじわと実感してきていました。

気持ちが下向く気分が突然起こる

ただ、だいぶ活動できるようになってきてからも、このしぶとい抑うつ気分が抜けなくて、それは、

突然、やる気がなくなるとか、突然、気分が落ち込む、その急降下が頻繁に起きていたことがありました(大きなものではなく、ちょいちょい顔を出す感じ)。

しぶとく心を観察していると、「たぶん誰もが」感じているささいな心の動きのような感じです。それを神経質に!いちいち取り上げて(そのままにしておけばいいものを)、

あ〜こんなんではダメだ、いい気分ではない、良くなっていない。

とだめ出ししたり、批判したりして反応しているのでした。

 

・この方の本は何冊か読みました。どれも、実践的で「処世的」に役に立つと思いました。病気までいかないけれど、世の中や人の動作・言動、そして自分の気分・感情にまで反応しすぎてつまずいてしまう繊細なタイプに人にいいと思いました(わたし)ので載せておきます。

 

自分のなかのコロコロと変わる(はずの)気分や感情の、特に「よくない」と自分で思われたところに目をつけて、注目し、固定してあれやこれやとこねくり回してふさぎ込みを大きくしていくのでした。

神経症が主な症状で、心の大半を陣取っている状態なので、これが手強くて、性格もありますが、すぐに自分を責めてしまう方へ考えが泳ぎます。

 

・この方の本も何冊か読んでいます。寄り添うような感じで読みやすく理解しやすい、実行しやすい、考え方を変えていける感じがする書き方です。弱っているときに特におすすめです。わかりやすい文章なので、さらっと読めてしまいますが、かなり深いことも書いていますので、節目節目(落ち込んだときとか)で読み直していくといい感じがします。

コツコツ地味に自分の心に気づく

「自分はなんてダメな人間なんだ」という気持ち、気分、感情がわき上がってくるのをすかさずチェックしまくる、監視していくことにしました。

実際は、チェックしまくるなんてことはできません。でも、チェックしまくることにしました、という宣言(自分のなかでだけですが)がだんだんと心にしみ込んでいって、なんとなく意識できるようになっていきました。

性格、考え方のクセだから、一生変わらないかもしれない、ダメだと自分を責め続けるのかもしれない。しょうがない、それでもわたしはそれをチェックしまくろう。

それを地道にこつこつ続けていき、やがて、そういうこと(自分をいちいち責めて生きていくこと)は非常にばかばかしいことだと気づくようになりました。

これは、本などには書かれていても読んですぐにわかるはずもなく、実際に体験していくなかでしか体得できないのですが、ほんとうに少しずつ、自分が自分をダメにしているということに気づき始めました。ほんの少しずつ。

ばかばかしいから、これだけ(自己否定)でもやめたいなあ、と思い始めてじょじょに気持ちが変わっていきました。

もちろん、自己肯定がばっちりになった、のではなくて、自分をちっとも認めていないということを認めたということです。

非常に消極的なように聞こえますが、実は、これを通過しないと自己肯定するようにはなれないのだと思っています。

もともと自己肯定感がしっかりあった人がなにかのきっかけで「うつ」になったのだったら、それも可能だと思いますが、わたしのように最初からフラフラ自分というものをしっかり持っていなかった不安定な心の持ち主には、まず、この肯定していませんね、という段階を認識することが肝心だと実感しています。

土台、基礎固めですね。

この地道な作業がとても大事でした。いまでも続けています。もちろん。

そして、これはセルフカウンセリングに近い、認知行動療法に近いと思います。

でも一番の功績は、自分で発見して自分で開発して自分で実践していって実際に効果があったということだと思います。まだまだ途中ですが。。。

 

神経症やうつと自律神経失調症の相互関係・相互作用。この三つは仲良し。

こんにちは、ひかりです。

大きなパニック発作が起きて療養生活に入ってからの経過を書いています。

わたしの症状には、不安神経症(全般性不安障害)とうつがあり、それに加えて自律神経失調症もありました。

心の大変さが身体に通じて身体が大きな反応をして調子をくずし、身体の不調が気になってしまって心の調子を崩すというふうに、相互に関係し合って悪くなっていったという感じです。

どっちが先かは歴史が長いのでもうはっきりわかりません。

身体とこころは本当にうまい具合に(うまくない具合に。どっちかで収まってくれていればいいのですが、そうもいかない。すぐに反応し合ういわば「仲良し」)相互に関係し、作用し合っているので、きょうの身体の疲れは、きょうの心のぐったりに、ずっと前の心の悩み苦しみは、ずっと長いことの身体の不調になっている、といった具合。

これは心身相関というやつだろうと思います。

それに気づいたのがだいぶ経ってからで、つくづく自分のことがわかってないなあとあきれました。

心身相関に気づいていない

驚けばどきどきするし、心配すれば青くなって元気がなくなるし、喜べばわくわくするし血行はよくなるし、胃腸もよくなるし、のようなわりとわかりやすい心身相関と、もっと深いマインドフルネス系に関わってくるような相関関係とさまざまなレベルの心身相関があるように感じます。

NHKの高校講座という番組での資料におもしろいのがありました。心身相関についてのお勉強の資料です(保健体育「心身の相関とストレス」)。

心身相関についてはかなりアバウトなのに、その結果として表れるストレスの心身への影響という項目がみごとに自律神経失調症の症状にあてはまる。

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_hoken/archive/2016_hotai_19.pdf

 

心身相関を説明してるブログがあったので備忘を兼ねて。

psychosomatic-medicine.hatenablog.com

同じサイトで「心身相関の理解の促進」というセミナー用のスライド。患者さん(わたし)に心身相関を理解してもらうことがなぜ重要か。

psychosomatic-medicine.hatenablog.com

心身相関なので自律神経も失調する

そういうふうに体調を崩していくと、自律神経が失調するらしいです。

心身相関なので自律神経を失調すると、うつや神経症になりやすくなるというのもいわれています。

不安神経症やパニック障害の場合、不安感などや不安なときに遭遇したどきどきどきが印象に残って、自律神経の乱れも相まって、不調を気にしやすくなり、気に病み、発症するというメカニズムもよく納得できます。

それと組んずほぐれつ(仲良しだから)自律神経もさらに乱れ始めて相互に悪化していくセットならでは仕組みなのでしょう。

若いころから起立性低血圧があったので、ふわ〜っと暗くなる立ちくらみのようなときには自然に心臓はがんばって血を上へ送るためにばくばくする。

そういうことが気持ち悪くて、気になっていたのや、ストレスやいやなことで心臓がばくばくしたのが重なって意識的になっていったのだと思う。

 

f:id:shimahikari:20170619140324j:plain

ただ、この心身相関していること、はっきりとセットになっているということを認識できていなくて「あ〜やだ、具合が悪くなる、あ〜やだ」とグルグル悪循環をしていた。

自律神経失調症 - Wikipedia

自律神経失調症は、症状がさまざまでバラエティーに富んでいて、つかみどころがなく、「病名がはっきりとつかないけれど具合が悪い」やつは全部と言ってもいいくらい応用範囲が広い。

ので、神経症とかうつなどを患っている場合に付随するこまった諸症状も自律神経が失調しているのものという暗黙の了解のような感がある。仲良しグループ。

たとえば、以下のようなチェックリストを見てみると、当時は、ほぼ全部イエス。それほどボロボロだった。

自律神経失調症チェックシート1 - 自律神経失調症ガイド

 

f:id:shimahikari:20170619123449p:plain

 

自律神経失調症を改善する特効法101

 

小林弘幸氏の解説は、テレビに出演されたときのまとめ記事がわかりやすかった。

40exchange.com

その中の記事。

交感神経が異常に興奮してアクセルを踏みっぱなしの状態は、パニック障害。

逆の、副交感神経が異常に働いていて、ブレーキを踏みっぱなしの場合は、うつ病。

下は話題になった本。

 

自律神経失調症をなんとかしようという本を載せてみましたが、おしなべてこういう本は、「心身相関」を理解して、フィードバッグしたり気づいていったりすることをアドバイスしているものが多いと思います。心身相関がキーワード。

 フィードバックを積極的にしていくことで、自分の心身を勝手に相関させておいて、困ったことになっちゃってる=症状をコントロールしていきましょう。

というのですが、ひどい症状のときにいろいろなことをやってみても、かえってよけいにどきどきどきやめまいや頭痛や痛みが出まくるという本末転倒状況になってしまったりするんじゃないかと。

自律神経をコントロールしようとすること

なにかあるがままでいようとすることや、自分の状態を客観的に見つめることは、本当に大変なことだと思う。ほかの人々がどのくらいすっとできるようになるのかはわからないですね。他の人にはなれないから。まったくもって自分のなかのことだから。

特に、わたしのような神経症のひどいのやうつなどの場合、よけいに自意識が過剰になっていて、反応も過剰で、自分を客観視することは大変。

意識すればするほど症状は「はで」になっていって(森田療法のいうところの「精神相互作用」みたいな感じ)、症状が出たり(パニック発作)具合が悪くなったりなことになってしまう。

だから、リラックスだのストレスを解消するだのについては敏感だった「つもり」でも、きっと方向性がまったく間違っていたのだと思います。

次のときに、自律神経を整えるためにやってみて効果があったことなどを書いてみたいと思います。

少しずつやれるところから少しずつあきらめないで少しずつ。

心療内科医や精神科医の「名医」と「やぶ医者」と春日武彦の本。

こんにちは、ひかりです。

わたしは、心療内科にかかり始めの頃、お医者さんに対して(薬を処方してくれるというありがたい処置はありますが)なにかやはり人的な特別な診察をしてくれるのだと期待しました(簡単に言えば心の治療。カウンセリングのようなもののもっとすごいやつのような)。

これで治る!

なにかすごいことをしてくれて、治してくれる

と期待しました。

 (あとからわかるのですが、これこそが、わたしの大きな勘違いだった=医者が病気を治してくれるわけではないという・・・)

初診のころやかなりどん底の具合の悪い時期に、この「とにかく楽にして欲しい。早く治して欲しい。なんとかして欲しい」と思うことは、多かれ少なかれ誰にでもあるんじゃないかと思います。

わたしのように、すごく具合が悪かったりしたら、なおさらすぐにでも治して欲しいと思うと思う。

けれども、診察では期待を大きく外され、

「薬は合うかどうか少し飲み続けなければわかりません」から始まって、抱擁してくれるでもなく、話をずっと聞いてくれるでもなく、わたしの苦しい数々の症状をただうなずいて聞いてるだけ。

しだいに、この先生で

大丈夫だろうか・・・。

やぶかもしれない・・・。

ハズレかもしれない・・・。

とつい、疑ってしまうようになりました。

続きを読む

パニック障害と全般性不安障害(不安神経症)にうつが隠れていた。

こんにちは、ひかりです。

パニック障害

パニック障害というのは、外見的にはそんなに激しい発作でもないようなのですが、本人にとってはすさまじく恐ろしい発作(予期はあるものの、突然に近い感じで動悸がしてきてどきどきどきです、実際に身体には症状がでます。頻脈やめまい、目の前が真っ暗になっていく、冷や汗、悪寒、震えなども)で、「死ぬかもしれない」とか過呼吸ですので、「息ができない」といった症状が襲ってくるのです。そして、ほんとうに倒れてしまうことも多々あり、恐ろしくてだんだん電車やバスなどの乗り物に乗れなくなってしまうこともあります。長くても一時間くらいで収まるのですが、その長いこと。

そして、わたしは教科書通りにきっちりとこの症状をたどりどんどん悪化していきました。

続きを読む

パニック障害と全般性不安障害(不安神経症)寝たきり生活の中での変化。

こんにちは、ひかりです。

大パニック発作から寝たきり生活になって、つらい症状ながらも少しずつ自分のことを考えられるようになっていった。

具合が悪いことに慣れていく

それは、たぶん症状に慣れてきたのもあるだろうし、薬が効いてきて(やっと)それなりに少しずつ眠れるようになったり、それなりに休めるようになっていったからだと思う。

この経過はほんの少しずつなので、自分では見逃してしまい、いつまでもすんごく悪い状態だと思い込んでいた。

半年くらい経って、「編み物の毛糸を自分で見に行きたい」という欲求が出てきて、小さなショッピングセンターにある手芸屋さんに車で連れて行ってもらうようになった。

最初に行くときにはどきどきはひどくてスーパーに行っても手芸屋さんへしか行かず、あとは車で家族が戻ってくるのを待っているのだった。それも誰かが付き添ってくれている。

まったく迷惑をかけっぱなしだった。それはずっと続くので(家族はかわいそうだと思ってくれていたのだった。森田療法のように厳しくなかったので、森田療法はそうじゃない、とは言えず黙って甘えていた)わたしは復活の機会を自分から後回しにし続けていたと思う。

ただ、あれだけのひどい状態では、あのまま「野放し」にされたら壊れてしまうだろうと思う(壊れていたんだけど)。

森田正馬先生がそばにいるのだったらどうかわからないが、あれだけの療法を自宅に入院させてやりとげてしまう森田正馬の力量はものすごいものがあるのだろうと想像した。

続きを読む

大パニック発作から寝たきり生活へ、経過3ヶ月後食欲が戻ってきたら・・・

こんにちは、ひかりです。

食べ物の味がしなくなっていた

大パニック発作の前から食欲はどんどん落ちていて、なにを食べても味がしなくなっていた。紙を食べているような、味とかがまったくしなくなっていた。のだけど、それに気づくのがだいぶ経ってからのようで、半年くらいしてからそういえば味がしない、とわかった。だから、倒れる前からだったのだ。

そういう予兆のような、悪くなる感じというのがもうわからなくなっているということ自体が問題なんだろうと今は思える。

家族などによく気をつけて見ていてくれる人がいた場合には、不幸中の幸いかもしれない。ただ、神経症でもわたしの場合の不安神経症(全般性不安障害)の類いは、本人はつらい思いをしているのだけど、生活自体についてはあまり不自然なところが見られなくて、わかりにくいことがあると思う。

元気がないとか、疲れているようだとか、なんとなくぼーっとしている、行動が遅い、あまり家から出たがらなくなったなどが見た目の変化としてあると思うが、こういうときは誰でもあるだろうし、気に留められにくいかもしれない。

続きを読む

心療内科の診察:症状を訴える加減が難しい。

こんにちは、ひかりです。

前回、心療内科の診察で、おかげさまでなんとかやっていますと言ってしまった話を書きました。

hikary.hatenablog.com

楽しい感じに書いたけど、かなり具合の悪いときで、いまでも覚えているくらいそうとう大変(自分の中でだけだけど)なできごとでした。

すがった先生につらさをわかってもらえなかったというショックは、あの症状では、非常に心細くて、頼れる人がいなくなってしまった感じです。

このあと、先生とはいろいろなやりとりの中で、結局、医者に頼っていてもダメなのだと気づくことになるのだけど、それはかなり先のことです。

続きを読む