小さなあたまで大さわぎ

不安障害(不安神経症)パニック障害とうつの記録。

神経症やうつと自律神経失調症の相互関係・相互作用。この三つは仲良し。

こんにちは、ひかりです。

大きなパニック発作が起きて療養生活に入ってからの経過を書いています。

わたしの症状には、不安神経症(全般性不安障害)とうつがあり、それに加えて自律神経失調症もありました。

心の大変さが身体に通じて身体が大きな反応をして調子をくずし、身体の不調が気になってしまって心の調子を崩すというふうに、相互に関係し合って悪くなっていったという感じです。

どっちが先かは歴史が長いのでもうはっきりわかりません。

身体とこころは本当にうまい具合に(うまくない具合に。どっちかで収まってくれていればいいのですが、そうもいかない。すぐに反応し合ういわば「仲良し」)相互に関係し、作用し合っているので、きょうの身体の疲れは、きょうの心のぐったりに、ずっと前の心の悩み苦しみは、ずっと長いことの身体の不調になっている、といった具合。

これは心身相関というやつだろうと思います。

それに気づいたのがだいぶ経ってからで、つくづく自分のことがわかってないなあとあきれました。

心身相関に気づいていない

驚けばどきどきするし、心配すれば青くなって元気がなくなるし、喜べばわくわくするし血行はよくなるし、胃腸もよくなるし、のようなわりとわかりやすい心身相関と、もっと深いマインドフルネス系に関わってくるような相関関係とさまざまなレベルの心身相関があるように感じます。

NHKの高校講座という番組での資料におもしろいのがありました。心身相関についてのお勉強の資料です(保健体育「心身の相関とストレス」)。

心身相関についてはかなりアバウトなのに、その結果として表れるストレスの心身への影響という項目がみごとに自律神経失調症の症状にあてはまる。

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_hoken/archive/2016_hotai_19.pdf

 

心身相関を説明してるブログがあったので備忘を兼ねて。

psychosomatic-medicine.hatenablog.com

同じサイトで「心身相関の理解の促進」というセミナー用のスライド。患者さん(わたし)に心身相関を理解してもらうことがなぜ重要か。

psychosomatic-medicine.hatenablog.com

心身相関なので自律神経も失調する

そういうふうに体調を崩していくと、自律神経が失調するらしいです。

心身相関なので自律神経を失調すると、うつや神経症になりやすくなるというのもいわれています。

不安神経症やパニック障害の場合、不安感などや不安なときに遭遇したどきどきどきが印象に残って、自律神経の乱れも相まって、不調を気にしやすくなり、気に病み、発症するというメカニズムもよく納得できます。

それと組んずほぐれつ(仲良しだから)自律神経もさらに乱れ始めて相互に悪化していくセットならでは仕組みなのでしょう。

若いころから起立性低血圧があったので、ふわ〜っと暗くなる立ちくらみのようなときには自然に心臓はがんばって血を上へ送るためにばくばくする。

そういうことが気持ち悪くて、気になっていたのや、ストレスやいやなことで心臓がばくばくしたのが重なって意識的になっていったのだと思う。

 

f:id:shimahikari:20170619140324j:plain

ただ、この心身相関していること、はっきりとセットになっているということを認識できていなくて「あ〜やだ、具合が悪くなる、あ〜やだ」とグルグル悪循環をしていた。

自律神経失調症 - Wikipedia

自律神経失調症は、症状がさまざまでバラエティーに富んでいて、つかみどころがなく、「病名がはっきりとつかないけれど具合が悪い」やつは全部と言ってもいいくらい応用範囲が広い。

ので、神経症とかうつなどを患っている場合に付随するこまった諸症状も自律神経が失調しているのものという暗黙の了解のような感がある。仲良しグループ。

たとえば、以下のようなチェックリストを見てみると、当時は、ほぼ全部イエス。それほどボロボロだった。

自律神経失調症チェックシート1 - 自律神経失調症ガイド

 

f:id:shimahikari:20170619123449p:plain

 

自律神経失調症を改善する特効法101

 

小林弘幸氏の解説は、テレビに出演されたときのまとめ記事がわかりやすかった。

40exchange.com

その中の記事。

交感神経が異常に興奮してアクセルを踏みっぱなしの状態は、パニック障害。

逆の、副交感神経が異常に働いていて、ブレーキを踏みっぱなしの場合は、うつ病。

下は話題になった本。

 

自律神経失調症をなんとかしようという本を載せてみましたが、おしなべてこういう本は、「心身相関」を理解して、フィードバッグしたり気づいていったりすることをアドバイスしているものが多いと思います。心身相関がキーワード。

 フィードバックを積極的にしていくことで、自分の心身を勝手に相関させておいて、困ったことになっちゃってる=症状をコントロールしていきましょう。

というのですが、ひどい症状のときにいろいろなことをやってみても、かえってよけいにどきどきどきやめまいや頭痛や痛みが出まくるという本末転倒状況になってしまったりするんじゃないかと。

自律神経をコントロールしようとすること

なにかあるがままでいようとすることや、自分の状態を客観的に見つめることは、本当に大変なことだと思う。ほかの人々がどのくらいすっとできるようになるのかはわからないですね。他の人にはなれないから。まったくもって自分のなかのことだから。

特に、わたしのような神経症のひどいのやうつなどの場合、よけいに自意識が過剰になっていて、反応も過剰で、自分を客観視することは大変。

意識すればするほど症状は「はで」になっていって(森田療法のいうところの「精神相互作用」みたいな感じ)、症状が出たり(パニック発作)具合が悪くなったりなことになってしまう。

だから、リラックスだのストレスを解消するだのについては敏感だった「つもり」でも、きっと方向性がまったく間違っていたのだと思います。

次のときに、自律神経を整えるためにやってみて効果があったことなどを書いてみたいと思います。

少しずつやれるところから少しずつあきらめないで少しずつ。