小さなこころで大さわぎ

不安障害(不安神経症)パニック障害とうつの記録

やってみたこと

神経症にうつが加わる、その相互作用による葛藤と気づき(自己流認知行動療法)

不安神経症での闘病生活がだんだんとそれなりに規則正しくなっていって、慣れてきたとして、じゃあ、心はしっかりと休めたでしょうし、そろそろなにか復活のきざしが見えてきました。 というようなことはまったくなく、スムーズに上向いてはくれませんでした…

パニック障害と全般性不安障害(不安神経症)寝たきり生活の中での変化

大パニック発作から寝たきり生活になって、つらい症状ながらも少しずつ自分のことを考えられるようになっていった。 具合が悪いことに慣れていく それは、たぶん症状に慣れてきたのもあるだろうし、薬が効いてきて(やっと)それなりに少しずつ眠れるように…

不安神経症・パニック障害の闘病生活:心療内科の診察記録:心療内科の先生に生活状態を怒られた後のこと

大パニック発作に襲われて、心療内科に通うようになり、二ヶ月後くらいに闘病生活の様子を聞かれたわたしは、先生に怒られた。 そのときの記事はこれ。 https://hikary.hatenablog.com/entry/2017/05/18/132351 hikary.hatenablog.com その後、どうしたかと…